はじめに

スキャフォールディング

このボイラープレートは vue-cli のテンプレートとして作成され、スキャフォールディングされたアプリケーションをカスタマイズするためのオプションが含まれています。[email protected]^7 かそれ以上のバージョンを使用する必要があります。 electron-vue はパッケージマネージャの yarn を公式に推奨しています。 依存関係をよりよく処理し、yarn clean により最終的なビルドサイズを減らすことができます。

# vue-cli をインストールしボイラープレートをスキャフォールディングします
npm install -g vue-cli
vue init simulatedgreg/electron-vue my-project
# 依存関係をインストールし、アプリケーションを実行します
cd my-project
yarn # or npm install
yarn run dev # or npm run dev

electron について

オプションとはいっても、プロジェクトをスキャフォールディングした後は electron のバージョンを固定することをお勧めします。これは、同じプロジェクトで作業している開発者が異なるバージョンで開発することを防ぐことに役立ちます。electron はリリースを頻繁に行うため、機能は常に変更対象となります。 詳細な情報はこちら

Windows ユーザーのための注意

npm install 中に node-gyp に関するエラーが発生した場合、システムに適切なビルドツールがインストールされていない可能性が非常に高いです。ビルドツールには、Python や Visual Studio などのアイテムが含まれています。@felixrieseberg のおかげで、このプロセスを簡潔にするのに役立つパッケージがいくつかあります。

最初に確認する項目は npm のバージョンで、古いバージョンでないことを確認します。これは npm-windows-upgrade を使用することで達成できます。yarn を使用する場合は、この確認をスキップすることができます。

それが完了したら、引き続きビルドツールをセットアップします。windows-build-tools を使用することで、めんどくさいことの大半は完了します。これをグローバルにインストールすると Visual C ++パッケージ、 Python などがセットアップされます。

この時点では正常にインストールされるはずですが、そうでない場合は Visual Studio をクリーンインストールする必要があります。これらは electron-vue 自身の問題ではないことに注意してください(Windows は時々面倒になることがあります ¯\_(ツ)_/¯)。

results matching ""

    No results matching ""